FRB議長、米利上げペース減速示唆 市場混乱に配慮

2016/2/11 1:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は10日、米下院金融サービス委員会で証言し、焦点の追加利上げについて「経済が下振れすれば利上げペースも減速するのが適当だ」と表明した。FRBは2016年中に4回の利上げを想定してきたが、年明けから国際金融市場の混乱が続く状況を踏まえ、一定の柔軟性を示した。ただ「米経済は拡大が続く」「雇用は力強さを増す」とも主張し、緩やかな金融引き締…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]