/

ベトナム、南沙諸島にロケット砲の発射台配備か

【ハノイ=富山篤】ロイター通信は10日、ベトナム政府が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島にロケット砲の移動式発射台を配備したと香港発で報じた。領有権を争う中国が同諸島に整備した滑走路、軍事関連施設を攻撃できるとしている。ベトナム政府、メディアは沈黙している。ベトナムはこれまで中国が同諸島で進める軍事拠点化に対して、直接的な対抗措置は取ってこなかった。中国の主張を否定した仲裁裁判の判決が7月に出た後も軍事拠点化は止まらず、対抗する必要があると判断したもよう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン