2019年8月26日(月)

英国債の一部、マイナス金利で取引

2016/8/10 19:20
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=黄田和宏】10日の欧州債券市場で、残存期間が3~4年程度の一部の英国債がマイナス金利で取引された。8日から英中央銀行イングランド銀行が量的緩和策による国債の買い入れを再開し、金利低下が加速した。長期金利の指標となる10年物国債利回りも一時0.5%台前半と過去最低を更新した。

英中銀は量的緩和策で今後6カ月で600億ポンド(7兆9000億円)の国債を買い入れる計画。9日に実施した超長期債の買い入れでは予定した金額を購入できず、債券市場の需給が引き締まるとの見方から金利低下が一段と進んだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。