2018年8月15日(水)

独首相、女性幹部の登用枠「透明性が大事」 割当制の必要強調

2015/3/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ドイツのメルケル首相は10日午前、日本の産業界などの女性代表を都内のホテルに招いて朝食会を開き、女性が活躍できる社会づくりについて意見を交わした。メルケル氏は企業などで一定数の女性幹部の登用を促すための数値目標やクオータ制(割当制)の必要性を強調した。

 ドイツでは連邦議会(下院)が大企業約100社の監査役会に占める女性役員の割合を30%以上にすることを義務付ける法案を6日可決したばかりだ。

 メル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報