/

韓国大統領選、安氏支持が文氏上回る 聯合など調査

【ソウル=山田健一】5月9日に投開票する韓国の大統領選の行方が混沌としてきた。聯合ニュースは9日夜、韓国の大統領選の支持率調査で、野党第2党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前共同代表が、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表を上回ったと報じた。安氏が36.8%で首位に立ち、文氏は32.7%で2位だった。

聯合ニュースと韓国KBSテレビが、世論調査会社に共同で依頼して8~9日に実施した世論調査の結果を報じた。韓国の5つの政党の候補者5人について成人2011人を対象に調べた。

安氏と文氏の2人だけを対象にした最近の別の世論調査で、安氏の支持率が文氏を上回ったことはあるが、出馬が現時点で見込まれる候補5人を対象にした調査で、安氏が首位に立つのは初めてとみられる。

安氏は文氏に比べて中道色の強い政策を訴える。安氏は中国が反対している在韓米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)配備計画について、米韓政府間の合意を尊重し実施すべきだと主張。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の支持基盤だった保守層の取り込みに一定の成果を上げていることが読み取れる。

一方、2012年の大統領選で朴前大統領に惜敗した文氏は、政権交代を望む革新系から支持を得ているものの支持層の広がりが課題になっている。先週は共に民主党の公認候補になって最初の日程でソウルの国立墓地を訪れ、朴正熙元大統領など歴代大統領の墓を参拝。保守層の取り込みに動き始めた。

支持率3位は、保守系政党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)前慶尚南道知事の6.5%だった。

10日付の韓国紙・朝鮮日報が報じた世論調査(聯合と同じく候補5人を対象にした場合)では、安氏の支持率が37.5%、文氏は35.7%だった。ほかの韓国紙の世論調査でも両氏が接戦を演じており、投開票日まで激しい選挙戦が繰り広げられる見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン