/

米ヤフーに対等合併提案 日本法人、受け入れられず

中核インターネット事業の売却先を探していた米検索大手ヤフーに対し、ヤフー日本法人が今年2月、対等合併を持ち掛けていたことが10日、分かった。提案は受け入れられず、事業は米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが買収することで7月に決着した。

米ヤフーの発表によると、ヤフー日本法人は合併後の統合会社の株式50%と約140億ドル(約1兆4400億円)をヤフー株主に付与すると提案。ヤフー日本法人の筆頭株主であるソフトバンクグループの幹部が持ち掛け、米ヤフーのメイナード・ウェブ会長やマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)らと2月に会談したが、条件が折り合わず不調に終わったという。

ヤフーは、ウェブ検索や広告分野でライバルの米IT大手グーグルや米交流サイト大手フェイスブックといった後発に追い抜かれ、業績が低迷。ニュースや検索などの中核インターネット事業を約48億ドルでベライゾンに売却することで合意した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン