経済政策論争、深み欠く 米大統領選討論会

2016/10/10 14:05
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=河浪武史】米大統領候補は9日の第2回テレビ討論会で、増減税を軸に経済政策でも応酬を繰り広げた。民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)は、共和党のドナルド・トランプ氏(70)の巨額税控除問題の追及に力点をおいて、政策論争は深まらなかった。世界が注視する通商政策では、中国の過剰生産問題に焦点が当たった。

「米国は世界で最も税率が高いが、これを最も低い水準に下げてみせる」。トラン…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]