欧州企業、蓄電池投資を加速 仏トタルや独ダイムラー

2016/5/11 1:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【フランクフルト=加藤貴行、パリ=竹内康雄】欧州企業が電力を一時的にためることができる蓄電池の投資を加速している。石油メジャーの一角、仏トタルは9日、電池専業の1千億円規模での買収を発表。独ダイムラーは内製電池の家庭向け供給を始めた。欧州は再生可能エネルギー普及で先行。新設急増の「バブル」も経験したが、発電コストの低下を背景に再生エネを活用する蓄電池に主役が移りつつある。

トタルが買収する仏電池…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]