/

移民ら突き落とされ溺死 イエメン沖、密航業者に

【ローマ=共同】国際移住機関(IOM)は、イエメン沖で9日、密航業者が移民らを船から海に突き落とし、10代のソマリア人やエチオピア人ら約50人が故意に溺死させられたと明らかにした。移民らは平均16歳前後とみられ、IOMは「衝撃的で非人間的だ」と非難した。ロイター通信などが報じた。

IOMによると、27人の生存が確認された。生存者の証言によると、船には120人以上が乗っていた。イエメンの海岸に接近中、密航業者は当局者らしき人物を見つけると移民らを無理やり海に落とし、現場を離れてソマリアに戻ったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン