サムスン電子、「ノート7」の生産停止 発火事故で

2016/10/10 11:49
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子は新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の生産を停止した。ノート7は発火事故で品質問題が発生。サムスンが世界中で回収・交換の措置をとった後も、米国で新たな発火事故が報告されるなど影響が広がっている。

生産を停止した「ギャラクシーノート7」

韓国・聯合ニュースが10日、ノート7を生産する協力会社関係者の話として報じた。生産を中断した時期や、生産再開見通しなどは明らかになっていない。ノート7の工場はベトナムや中国などにある。生産停止が長引けば、サムスンの業績に打撃となる。

サムスンは8月、米アップルの「iPhone7」に対抗する最新機種として、ギャラクシーノート7を発売した。発売後に電池に起因する発火事故の報告が相次ぎ、9月に世界10カ国・地域で出荷台数のほぼ全量にあたる250万台の回収・交換を決めた。

米国では、ノート7の交換後も発火事故が起きたとの報告が出ている。こうした事態を受け米大手通信会社がノート7の新規販売の中断を決めるなど影響が広がっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]