/

この記事は会員限定です

米議会ねじれ解消 上下院とも共和支配、10年ぶり

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】米大統領選と同時実施した米議会選では、共和党が上下両院の過半数を維持した。共和党がホワイトハウスと上下両院の支配を取り戻すのはブッシュ政権以来、10年ぶり。オバマ政権で上下院ともに野党が多数派というねじれは解消し、米国社会に大きな変化が起きる可能性もある。

米メディアによると9日午前10時半(日本時間10日午前0時半)時点で、上院は共和51、民主47、下院は共和236、民主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン