/

プーチン大統領、対独戦勝式典で日本の軍国主義に言及

9日、モスクワで開かれた対ドイツ戦勝70周年の記念式典で演説するロシアのプーチン大統領=ロイター

【モスクワ=田中孝幸】ロシアのプーチン大統領は9日、モスクワで開いた対ドイツ戦勝70年記念式典での演説で「ナチズム、日本の軍国主義と戦った国々の代表に特別な感謝を表する」と述べた。歴史問題で中国に同調する姿勢を示し、ウクライナ危機を巡る欧米の対ロ包囲網に加わっている日本をけん制したものだ。

日ロ外交筋によるとプーチン氏がナチズムと並べた形で日本の軍国主義に言及するのは異例。中国の第2次大戦での役割について「アジアの軍国主義と最前線で戦った」と称賛した。米国に対しては「一極支配の試みがみられる」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン