/

この記事は会員限定です

チュニジアの民主化組織にノーベル平和賞

労働組合など4者の「国民対話カルテット」

[有料会員限定]

【ロンドン=小滝麻理子】ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、2015年のノーベル平和賞を、チュニジアの民主化につながる国民対話を仲介した労働組合など4者による「国民対話カルテット」に授与すると発表した。憲法制定や選挙の実現に向けて対話を仲介したことを評価した。2011年の「アラブの春」以降も、過激派によるテロの頻発などで混乱が続く中東地域の安定を後押しする狙いがありそうだ。

今年の平和賞は、世界中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン