中独企業、蜜月時代 自動運転やIoTで相次ぎ提携

2017/6/10 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国とドイツの大手企業による提携が相次いでいる。中国ネット検索最大手の百度(バイドゥ)と独自動車部品大手のボッシュが自動運転で協力するなど、自動車やIT(情報技術)の幅広い先端分野で蜜月関係が生まれた。自国優先の姿勢を強める米国との関係に不透明感が漂う中、独企業と組んで先端技術を習得したい中国側と、巨大市場の中国でさらに技術を磨きたい独側の思惑が一致した。

「百度の人工知能(AI)とボッシュの先…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]