/

英首相辞任求めロンドンでデモ パナマ文書報道で

【ロンドン=共同】タックスヘイブン(租税回避地)の金融取引を巡る「パナマ文書」報道で亡父の名前が挙がったキャメロン英首相に辞任を求めるデモが9日、ロンドンの首相官邸前などで行われ、千人以上の参加者が「税金を払え」とシュプレヒコールを上げた。

キャメロン氏は過去に亡父がパナマで開設したファンドへの投資で利益を上げていたことを認めている。ロイター通信によると9日、自身が党首を務める与党保守党の集会で「今回の問題にもっとうまく対処すべきだった」と反省を口にした。

デモには「出て行け」などと書かれたプラカードを持った人々が集結、市内中心部を練り歩いた。保守党支持者という男性は「首相の説明には納得できない。これまでクリーンなイメージだったのに残念だ」と語り、首相官邸に向かって「恥を知れ」と叫んだ。

キャメロン氏はパナマ文書で亡父の名前が挙がった際、ファンドから利益を得ていたかどうかについて曖昧な回答を繰り返したが、7日に一転して認め、野党が批判を強めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン