2019年7月23日(火)

地球外生命体「10年以内に確かな兆候」 NASA

2015/4/9付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=川合智之】米航空宇宙局(NASA)の研究者は8日の講演で「10年以内に地球外生命体の確かな兆候が得られ、次の10~20年で決定的証拠が見つかると信じている」と述べた。地球外生命体は「見つかるかどうかではなく、いつ見つかるかだ」と強調、将来の火星探査などでの発見に期待を示した。

エレン・ストファン主任科学者はワシントンでの講演で「どこでどうすれば見つかるかは分かっている」と指摘。生命が育まれるには、水が液体の状態で存在していることが重要だとした。木星の衛星「エウロパ」や土星の衛星「エンケラドス」、過去に海があった火星などが有力候補とみられる。

NASAは2030年代に火星の有人探査を目指しており、生命の痕跡が見つかる可能性もある。ただストファン氏は、発見可能な地球外生命体は「小さい緑色の宇宙人ではなく、微生物だ」とも付け加えた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。