/

ボン・ジョヴィ、中国公演中止 ダライ・ラマ動画が原因か

【北京=大越匡洋】中国の上海と北京で今月予定されていた米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」の初公演が突然、中止となった。主催者側が9日、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」で発表した。これまでのコンサートでチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世のイメージを活用した動画を使ったことが原因との見方が出ている。

主催者側は「都合により」としか説明していない。今月1日はチベット自治区成立から50年で、習近平指導部は記念式典などで「ダライ集団と国際的な敵対勢力の分裂活動を打ち負かした」などと強調している。インターネット上では「政府が手を出した」「原因はまたDLLM(ダライ・ラマのこと)だ」などの書き込みがあった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン