/

この記事は会員限定です

トランプ氏、オバマ「遺産」から政策転換鮮明に

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】トランプ次期米大統領がオバマ政権の遺産(レガシー)に批判的な人物を政権の閣僚に据える人事が目立っている。最低賃金の引き上げに反対するファストフードチェーン経営者を労働長官に、環境保護規制反対派を米環境保護局(EPA)長官にそれぞれ指名すると表明した。政権交代による変化を印象づけつつ「親ビジネス」の姿勢を打ち出す狙いがある。

労働長官指名が明らかになったのはCKEレストランツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン