/

金色の毛沢東像を撤去 中国・河南省、高さ36メートル

中国河南省の農村に設置された巨大な金色の毛沢東像が突然、撤去された。共産党機関紙・人民日報傘下のニュースサイト「人民網」が8日、報じた。許可を得ずに建設したことを地元政府が問題視したとされているが、世界中で報道されてからすぐの撤去となり、国内外で臆測を呼んでいる。

毛沢東像は高さ36メートルで、表面が金色に塗装されていた。昨年12月にほぼ完成したという。今年に入り写真付きで報じられると、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通じて拡散され、世界中から注目を集めていた。

像の総工費は300万元(約5300万円)弱で、地元の実業家や村民などが出資したという。人民網によると、地元政府は「登記や審査を経ておらず、既に取り壊した」としている。

像が設置された河南省では毛沢東氏の経済政策「大躍進」の失敗により、多くの餓死者が発生した。一方、強い指導力で近代中国の礎を築いた毛氏の評価は中国国内でも分かれており、今回の判断につながったとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン