/

世界の紛争犠牲者15万人 16年、死者数減少

【ロンドン=共同】英国の有力シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は9日、世界全体での武力紛争に関する調査報告を発表した。紛争による2016年の死者数は15万7千人で、前年と比べて1万人減少した。

死者数は、内戦の続くシリアが全体の約3分の1を占める5万人。メキシコの麻薬組織の抗争による死者数が2万3千人で2番目に多かった。

紛争によって移住や避難を余儀なくされる住民は増加傾向にあり、昨年1~8月にシリアで90万人、イラクやアフガニスタンでもそれぞれ20万人以上が国内避難民となった。

IISSは近年の紛争の特徴として、難民らが人里離れた難民キャンプではなく都市部に集まるようになったと分析。シリア難民の9割が周辺国の都市部で生活しており、こうした難民の分散は長期的な支援を困難にするなど援助団体にとって新たな課題になっていると指摘した。

IISSは国際機関の推計などを基に紛争で死亡した兵士や武装勢力、市民の死者をまとめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン