/

元慰安婦、公式謝罪を要求 国際女性の日で会見

【ニューヨーク=高橋里奈】8日の「国際女性の日」にあわせて、旧日本軍の元従軍慰安婦の女性がニューヨークの国連本部で会見し、日本政府に対し「犯した過ちを認め、法的責任をとり、安倍晋三首相は公式に謝罪すべきだ」と訴えた。

第2次大戦中に慰安婦だった李容洙さんは「世界から性犯罪を撲滅するために、日本は慰安婦問題を解決しないといけない」と述べた。一方、昨年末の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意について国連の潘基文事務総長が歓迎の意を表明したことについては「何も知らない人には黙っていてもらったほうがいい」と語った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン