/

豪、日本から潜水艦購入の可能性 現地報道

オーストラリアのアボット政権が新型潜水艦を日本から購入する可能性を示唆したと、9日付現地紙など各メディアが相次ぎ報じた。コリンズ級潜水艦の退役後の選択肢として、日本の「そうりゅう」型が有力となっているという。豪州で建造する場合の約半分の費用で済むことや、アボット首相が日本との防衛協力を重視していることが背景としている。

「そうりゅう」型は三菱重工業と川崎重工業が建造している。豪州のコリンズ級は2030年代に退役する見通し。

豪州は新型潜水艦を最大10隻導入する予定。アボット氏は潜水艦選定について「防衛上の要件から判断すべきだ」と述べ、国内の造船業保護や雇用維持を優先しない姿勢を示している。

日本の防衛省関係者によると現時点でオーストラリアから潜水艦購入の方針は伝わっていない。「そうりゅう」型潜水艦は浮上しないまま長時間の潜航が可能な「AIP(非大気依存推進)機関」など秘匿性の高い技術を用いている。同省幹部は「豪州が購入したくても、すぐに輸出を決められるわけではない」としている。(シドニー=高橋香織)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン