2018年2月19日(月)

韓国、MERS対策後手に 政府「患者隔離に不備」

2015/6/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ソウル=小倉健太郎】韓国での中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)による感染者は8日、死者6人を含め87人となった。感染拡大は、韓国政府が状況判断を誤り患者の隔離などの対策が後手に回った影響が大きい。感染経路は今のところ病院内にとどまっている。朴槿恵(パク・クネ)大統領は同日、週内に拡大を止める覚悟で対応を強化するよう関係者に指示した。

 「発病者が出たらすぐに隔離し管理すべきだったのに多くのこと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報