2019年1月21日(月)

VW排ガス不正、独検察が本社を捜索 経営陣の関与焦点

2015/10/9付
保存
共有
印刷
その他

【ウォルフスブルク=加藤貴行】ドイツ検察当局は8日、独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス試験をめぐる不正問題で、独北部ウォルフスブルクのVW本社など関係先を家宅捜索した。詐欺容疑でVWの捜査を進める検察が家宅捜索に入るのは初めて。経営層も含めた組織ぐるみの関与が疑われるなか、検察は全容の解明を急ぐ。

独検察は同日の声明で「ディーゼル車の排ガス不正に関する文書やデータを押収するのが目的だ」と説明した。検察職員ら約50人が本社などに入った。また個人宅にも捜索が入ったが、誰の自宅かは明らかになっていない。

VWは排ガスのデータを改ざんして車を販売した詐欺容疑を向けられている。米欧などの規制当局に対し、不正があったことを認め、検察側に関連資料を提供するなど捜査に協力している。

独メディアなどは、2005~06年にVW本社が規制を逃れるための違法なソフトウエアの使用を決め、08年から実際にディーゼル車への搭載を始めたと報じている。不正はドイツの本社主導で長期にわたって行われていた可能性が高いとみられている。

独検察は9月末、マルティン・ヴィンターコーン前社長を詐欺容疑で捜査を始めたと発表したが、その後、予備的な捜査だったと修正。現在は被疑者不詳で捜査を続けている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報