2019年1月20日(日)

グレース・ポー氏の大統領選出馬資格認定 フィリピン最高裁

2016/3/8 20:16
保存
共有
印刷
その他

【マニラ=佐竹実】フィリピンの最高裁判所は8日、5月の次期大統領選挙の有力候補者であるグレース・ポー上院議員(47)の出馬資格を認定した。中央選挙管理委員会は昨年12月、米国在住歴があるポー氏の国内居住期間が規定に足りないなどとして出馬資格を取り消していたが、ポー氏側がこれを不服として最高裁に訴えていた。

ポー氏は8日、「支えてくれた国民と最高裁に感謝する。本当の改革を通じ、人々の暮らしを良くしたい」と述べた。

ポー氏は国民的俳優フェルナンド・ポー氏の養子で、清廉なイメージから人気が高い。無所属だが経済成長を実現したアキノ現大統領の路線を引き継ぐと表明している。2月中旬のパルスアジアの世論調査では、支持率26%で首位だった。

フィリピンの大統領は再選が禁じられているため、次のリーダーが経済・外交政策の方向を決めることになる。大統領選はポー氏とジェジョマル・ビナイ副大統領(73)、マヌエル・ロハス前内務・自治相(58)、南部ミンダナオ島ダバオ市長のロドリゴ・ドゥテルテ氏(70)の4人の混戦模様となっている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報