/

米韓、独自制裁の国と連携 北朝鮮ミサイル発射で外相電話協議

【ソウル=加藤宏一】韓国外務省によると、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は7日夜、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射を受けてケリー米国務長官と電話で協議した。両氏は12~14日にドイツのミュンヘンで開かれる安全保障会議などを利用し、北朝鮮への独自制裁措置を検討する国家との連携をさらに拡大することなどで一致。国際社会の非難を強力な制裁に導くために外交努力を続けることで合意した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン