インドネシア、煙害対策で外国の支援受け入れ

2015/10/8 18:38
保存
共有
印刷
その他

【ジャカルタ=渡辺禎央】野焼きが燃え広がることによる煙害が近隣国にも及んでいるインドネシアの政府は、消火活動で外国の支援を受け入れることを決めた。大量の水を輸送できる航空機を持たない同国のジョコ大統領は8日「今日からシンガポールとロシアの航空機が順次来る」と語った。外務省によるとオーストラリアや中国とも協議中で、日本からも支援の申し出があったという。

スマトラ島やカリマンタン島で急速に悪化した煙害は、シンガポールやマレーシアの国民にも健康上の被害をもたらしかねない水準に達している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]