2019年1月20日(日)

正恩氏、祖父・金日成主席を意識か

2016/5/8 22:39
保存
共有
印刷
その他

【平壌=峯岸博】今回の朝鮮労働党大会での金正恩第1書記の言動には今なお北朝鮮内で尊敬を集め続ける祖父、金日成主席を意識していると思われる要素が目立つ。

「公式の場で実際に着るのは初めて」(韓国メディア)とされるスーツ姿で登場。普段は人民服を着ていた父、金正日総書記に対し、金日成主席はスーツを着ることも多かった。今回の党大会会場に飾られたモニュメントでも金日成主席はスーツ、金正日総書記は人民服姿だ。

党中央委員会の事業総括報告として実施した演説も「対外関係に関する立場は1980年の第6回党大会における金日成演説から一歩も抜け出していない」と韓国の世宗研究所の鄭成長(チョン・ソンジャン)氏は話す。「帝国主義」との闘争や「世界革命」への言及などに注目したものだ。

メガネの形状や髪形、かっぷくのいい体形や両手を後ろに組んで立つポーズなどもかねて金日成主席に似せていると指摘されてきた。父は一度も開かなかった党大会を再開したこと自体が祖父にならったものだとの見方もある。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報