/

中国、迎撃システム配備停止を要求 「強烈な不満」

【北京=永井央紀】中国外務省は8日、米韓両政府が地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD=サード)の在韓米軍への配備を発表したことについて「強烈な不満と断固たる反対を表明する。中国の戦略安全利益を損ねることをしてはならない」との声明を発表した。「米韓両国に対して配備プロセスの停止を強烈に促す」とも求めた。

談話は「東アジア地域の国の戦略安全利益や戦略バランスを著しく損ねる」と主張し、朝鮮半島の非核化目標の実現や半島の平和と安定には役に立たないとした。関係国が話し合いで問題を解決する努力に逆行するとも指摘した。

中国国営新華社(英語版)は8日、米韓両政府の発表を速報し、関心の高さを示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません