2017年11月18日(土)

豪、同性婚の是非問う任意投票へ

2017/9/8 23:04
保存
共有
印刷
その他

 【シドニー=高橋香織】オーストラリアは同性婚の是非を問う郵便投票を12日から実施する。11月15日に結果判明の見通し。賛成多数の場合、ターンブル政権は合法化法案を年末までに議会に提出する方針だ。

 郵便投票は18歳以上が対象。任意投票で、法的拘束力はない。英連邦のカナダやニュージーランドなどは既に同性婚を合法化しており、豪州でも同性婚を支持する声が過半を占めている。

 これまで合法化が実現しなかったのは、同性婚が政争の具とされることが多かったためだ。政府は昨年、同性婚に関する国民投票の実施を目指したが、野党の反対で実現しなかった。

 さらに、与党内でも同性婚への意見は割れている。与党を構成する自由党のアボット元首相は「郵便投票にノーを投じる」と表明した。法案が議会に提出された場合は、党議拘束をかけない自由投票となる見通しだ。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

オーストラリア同性結婚



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報