米畜産、対日FTA切望 関税高止まりでシェア低下

2017/2/8 23:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米有力畜産2団体がトランプ政権に日米自由貿易協定(FTA)の早期交渉入りを要望した。両団体は強力なロビー団体として知られ、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉でも日本に関税引き下げを強硬に求めた。自動車業界に続いて畜産団体がトランプ政権を突き動かせば、日本には大きな圧力となる。

「最も厄介な相手が出てきた」。日本の通商担当者は困惑する。トランプ大統領に書簡を送り日米FTAを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]