米、インドに原発6基建設で基本合意 東芝傘下WHが建設

2016/6/8 9:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=川合智之】オバマ米大統領は7日、訪米したインドのモディ首相とホワイトハウスで会談し、東芝傘下の米ウエスチングハウス(WH)が原子炉6基をインドに建設することで基本合意した。1974年にインドが核実験を実施してから西側諸国と原子力発電所の建設契約を結ぶのは初めて。安全保障の連携も強め、アジア太平洋で海洋進出を進める中国をけん制する。

WHとインド原子力発電公社が、2030年までに加圧…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]