2019年5月25日(土)

米ヤフーの主力事業、ベライゾンやグーグルが買収検討 米報道

2016/4/8 9:32
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ヤフーが売却手続きを進めている主力のネット事業について、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズや米グーグルが買収を検討していると米メディアのブルームバーグが報じた。ベライゾンは米ヤフーが保有するヤフージャパンの株式も合わせて買うことに意欲をみせているという。米出版大手タイム、米投資ファンドのTPGなども入札を検討している。

米ヤフーは11日を最初の入札の締め切りと設定している。入札に向け、かつて米ヤフーの買収で交渉し、今回も投資家グループと共同入札を検討していた米マイクロソフトは入札を見送る見通しだという。買い手候補として名前が挙がっていた米通信大手AT&T、米ケーブル大手コムキャストなども入札には参加しないもよう。

グーグルの場合は、仮に買収で合意できたとしても検索シェアが極度に高くなるため、反トラスト法(日本の独占禁止法に相当)の審査が難航する可能性が高い。

報道を受けてヤフーの株価は7日、一時は買いが優勢になったが、最終的には前日比1.3%下げて取引を終えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報