/

米軍、ドローンやサイバー攻撃の戦功も表彰対象に

【ワシントン=芦塚智子】米国防総省は7日、ドローン(無人飛行機)による遠隔攻撃やサイバー攻撃による戦功も表彰の対象とする方針を発表した。シリアやアフガニスタンなどの対テロ作戦で無人機の役割が拡大しており、担当する兵士の功績もたたえるべきだとの声が上がっていた。

同省によると、ドローンの操縦など「戦闘作戦に直接貢献する遠隔技術を使う兵士」に対して「遠隔(Remote)」の頭文字である「R」のバッジを授与する。バッジは非戦闘任務での功績に贈られる勲章のリボンに着けることができる。

米メディアによると、同省はドローンやサイバー担当の兵士のための新たな勲章の新設も検討したが、前線で戦闘に参加した兵士からの反発などで断念した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン