米国の食事情、様変わり 高めでも安全・健康志向
「JAPAN」磨く

2015/8/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の食事情で変化が加速している。安くて手軽なインスタント食品やファストフードを敬遠する消費者が増える一方で、値段は若干高めでも食材や品質にこだわった食品やレストランの人気が高まっている。健康や食の安全に対する意識の高まりに加え、スマートフォン(スマホ)の普及で情報の浸透速度が速まったことなどが背景にある。消費者の好みが急速に変わってきており、米食品・外食各社は対応に腐心している。

「よほど他に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]