中国、比の構造物建造意向を警戒 南シナ海巡り

2017/4/7 23:51
保存
共有
印刷
その他

【北京=共同】中国外務省の華春瑩副報道局長は7日の記者会見で、フィリピンのドゥテルテ大統領が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で構造物を建造する意向を示したことについて「強い関心を持っている」と述べ、警戒感を示した。

華氏は「南シナ海(情勢)は安定に向かっている状況だ」との見方を示し、フィリピン側に「意見の違いを適切にコントロールし、両国関係の健全な発展を維持するよう願う」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]