/

中国外貨準備、5年ぶり低水準 9月末時点

【北京=永井央紀】中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した9月末の外貨準備は3兆1663億ドル(約328兆円)だった。前月末より188億ドル減った。減少は3カ月連続で、2011年5月以来5年4カ月ぶりの低水準となった。

市場では昨年8月の人民元切り下げ後の大規模為替介入で実施した、期間1年の先物取引が満期を迎え、現物ドルの支払いが続く影響が指摘される。人民元が1日に国際通貨基金(IMF)の準備通貨SDR(特別引き出し権)に採用される前に、相場を安定させたい人民銀が元買い・ドル売りの為替介入を強めたとの見方もある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン