フィリピン大統領選、過激発言のドゥテルテ氏優勢 9日投開票

2016/5/7 23:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=佐竹実】任期満了に伴うフィリピン大統領選挙が9日、投開票される。有力4候補による選挙戦は、過激発言を繰り返すダバオ市長のロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)が支持率でトップに立つ。経済成長路線の継続をめざすアキノ大統領は他の候補の一本化を含めて「ドゥテルテ包囲網」の構築をぎりぎりまで探る。南シナ海を巡る地域の安全保障にも影響する決戦を迎える。

約5400万人の有権者が電子投票する大統領選挙は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]