/

スイス当局がUEFA捜索 パナマ文書関連で

【ジュネーブ=共同】中米パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)に関する内部文書「パナマ文書」に関連し、スイス捜査当局は6日、同国ニヨンの欧州サッカー連盟(UEFA)本部を家宅捜索した。英BBC放送などが伝えた。

欧州チャンピオンズリーグ(CL)放映権に関する資料が押収されたとみられる。スイス検察当局は声明で「捜査は放映権に関するものだが、今のところ特定の人物を対象にしていない」と説明した。UEFAは「当局に全面的に協力する」としている。

BBCによると、パナマ文書には国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長がUEFAの法務責任者時代に、一連のFIFA汚職事件の被告2人が経営する会社と放映権の契約を結んだと記載されている。

同社が2006~07年シーズンから3季の欧州CL放映権を11万1千ドル(約1220万円)で買い、エクアドルのテレビ局に約3倍で売ったとされる。

6日の捜索を受け、会長はFIFAを通じ「この件についてあらゆる捜査を歓迎する。全ての契約はUEFAによって適切に行われた」との声明を発表した。

パナマ文書は国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)と南ドイツ新聞が入手した文書で、各国の指導者や周辺人物の課税逃れ疑惑が次々と発覚、世界中で大きな波紋を呼んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン