2019年6月20日(木)

トランプ米大統領の声明全文

2017/4/7 13:24
保存
共有
印刷
その他

トランプ米大統領は6日夜(日本時間7日午前)、米軍がシリアの空軍基地を攻撃したことについて声明を出した。米中首脳会談のため滞在しているフロリダ州パームビーチで読み上げた声明の全文は以下の通り。

米国民の皆さんへ

シリアの独裁者バッシャール・アサドは火曜日(4日)、神経剤を使った恐ろしい化学兵器攻撃を罪のない市民に行った。男女や子供を窒息させ、多くの人々をゆっくりと残酷な死に至らしめた。かわいい赤ちゃんまでもが野蛮な攻撃で犠牲になった。どんな子供に対してもそのような恐怖を与えてはならない。

私は今夜、化学兵器攻撃を行ったシリアの空軍基地への攻撃を指示した。化学兵器の使用と拡散を防ぐことは米国の安全保障上、非常に重要な国益だ。シリアが禁止された化学兵器を使ったことに疑いの余地はない。化学兵器禁止条約で定められた義務を侵し、国連安全保障理事会の要求を無視した。

アサドの行動を変えさせる過去数年の試みは全て、劇的な失敗に終わった。結果として難民危機は深まっている。地域の不安定化は続き、米国と同盟国を脅かしている。

今夜、私は全ての文明国に対し、シリアにおける殺りくと流血を止める米国の行動に参加するよう求める。あらゆる種類のテロを終わらせる。

困難な世界の課題に向き合っている我々に神の英知を求めたい。(アサド政権の化学兵器攻撃で)傷ついた人、亡くなった人々に祈りをささげる。米国が正義の側にいる限り、平和と調和が勝利することを願う。

米国と世界に神のご加護を。ありがとう。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報