「米から輸出」に免税 国内投資促進、共和と新政権が議論へ
輸入は課税強化

2017/1/12 0:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米議会共和党は20日のトランプ次期政権の発足後、輸出を免税とする一方、輸入への課税を強化する新たな法人税制の導入を検討する。トランプ次期大統領の「米国第一」の主張に沿い、税制で企業の生産拠点の米国回帰を促し、国内投資を後押しする狙いだ。世界貿易機関(WTO)が禁じる輸出補助金にあたる可能性もあり、実現は流動的だが、世界の法人税制議論に一石を投じそうだ。

トランプ氏は連邦法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]