2019年1月20日(日)

イスラエル、ガザ報復空爆 「イスラム国」賛同系が攻撃認める

2015/6/8付
保存
共有
印刷
その他

【エルサレム=共同】イスラエル軍によると、パレスチナ自治区ガザから6日、イスラエルに対してロケット弾が発射された。軍は7日、報復としてガザを空爆した。双方に負傷者は確認されていない。ロイター通信などが報じた。

過激派組織「イスラム国」(IS)に賛同するガザのイスラム原理主義「サラフ主義」系勢力が、ロケット弾攻撃を認めた。

軍が空爆したのは、ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの関連施設。イスラエルは、ガザからの攻撃の責任はハマスにあるとの姿勢を示している。

ハマスとイスラエルは昨年夏、大規模な戦闘を行った。その後は比較的落ち着いた状態が続いているが、最近はガザからのロケット弾攻撃が散発的に続いている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報