/

ロッテ創業者の長女逮捕 韓国検察、背任や横領の疑い

【ソウル=小倉健太郎】韓国検察は7日未明、ロッテグループ創業者である辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)氏の長女、辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテ奨学財団理事長を逮捕した。辛容疑者はかつてロッテの免税店事業を担当。化粧品メーカーから入居に便宜を図る見返りとして金品を受け取ったなどとして背任や横領の疑いがもたれている。

ロッテを巡ってはグループ企業間の取引を利用して裏金をつくった疑いもあるとして検察が捜査を進めている。日本の系列社も関与した可能性があるため韓国の司法当局は日本の司法当局に協力を要請したと聯合ニュースが7日までに報じた。韓国では民間企業のリベート授受が禁じられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン