イエメン政権崩壊 米、テロ掃討停滞に懸念

2015/2/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=久門武史】イエメンでイスラム教シーア派系ザイド派民兵が6日、政権掌握を宣言した。議会を解散し、暫定政府を樹立するとしている。米国と協力関係にあったハディ暫定大統領の政権は崩壊が決定的となり、同国を拠点とする国際テロ組織アルカイダ系武装組織の掃討が停滞するとの懸念が出ている。米国の対テロ作戦が練り直しを迫られる可能性がある。

イエメンは1月のフランス週刊紙銃撃事件で犯行声明を出した「アラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]