/

米政府、日本へのオスプレイ売却を議会に通知

17機で推計3600億円に

【ワシントン=芦塚智子】米政府は5日、垂直離着陸輸送機オスプレイ17機と関連装備を日本に売却する方針を米議会に通知した。エンジンや赤外線前方監視装置、ミサイル警報装置それぞれ40基などを含む総額は計30億ドル(約3600億円)と推計している。

米政府の発表文は「オスプレイの売却は陸上自衛隊による人道援助や災害救助の能力を大幅に強化し、水陸両用作戦も支援する」と指摘。売却が地域の基本的な軍事バランスを変えることはないと説明している。

日本政府は導入予定のオスプレイの拠点を佐賀空港(佐賀市)に設ける方針を打ち出している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン