/

この記事は会員限定です

難民に揺れる欧州、ドイツの負担1.3兆円超に

受け入れ割り当て協議は難航も

[有料会員限定]

【ベルリン=赤川省吾】内戦が続くシリアなどからの難民流入に、欧州が揺れている。5日から7日にかけて2万人の難民が到着したドイツは、職業訓練などに100億ユーロ(約1兆3千億円)超の公費を投じる。一方、外国人の流入を嫌う他国は様子見の構えを取る。難民受け入れの割り当てをめぐる欧州連合(EU)の協議は難航が予想される。

ドイツで難民受け入れの窓口になっているミュンヘンには、7日も新たな難民が到着した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン