米副大統領、イスラエル首相の議会演説欠席へ

2015/2/7付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米ホワイトハウス当局者は6日、バイデン副大統領が3月3日に予定されるイスラエルのネタニヤフ首相の米議会演説を欠席する見通しを明らかにした。海外訪問の予定があるとした。副大統領は上院議長を兼務し、通常は議会演説に出席する。

ネタニヤフ氏の議会演説は、米野党・共和党のベイナー下院議長がホワイトハウスの頭越しに要請。ホワイトハウスは不快感を示し、オバマ大統領もイスラエルの総選挙直前であることを理由にネタニヤフ氏と会談しない意向だ。

当局者はバイデン氏の訪問先などの詳細は明らかにしなかったが「計画はしばらくの間進めてきた」と説明した。ホワイトハウスによると、バイデン氏がこれまでに議会演説を欠席したのは2011年3月のギラード豪首相(当時)の演説だけで、この時も海外訪問中だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]