/

この記事は会員限定です

米雇用の改善続く 利上げ「来年半ば」強まる

[有料会員限定]

【ニューヨーク=佐藤大和】米国の雇用情勢の改善基調が鮮明となるなかで、量的緩和策を終了した米連邦準備理事会(FRB)による利上げの時期が焦点だ。米株式相場は10月前半の調整を短期にとどめ、再び最高値を更新し始めており、市場では「来年半ば」説が改めて有力視されている。FRBは停滞する物価上昇率の動向もにらみながら11年ぶりの難しい政策判断に挑む。

「労働参加率が上昇するなか、雇用者数が持続的に増え、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン