米国務長官がアフガン訪問 新政権発足へ協力要請

2014/8/8付
保存
共有
印刷
その他

【イスラマバード=共同】ケリー米国務長官は7日、事前の発表なしにアフガニスタンを訪問した。AP通信が伝えた。大統領選の決選投票結果をめぐり対立しているアシュラフ・ガニ元財務相、アブドラ・アブドラ元外相の両候補に対し、9月初旬までに新政権を発足させるよう協力を促す。

決選投票ではアフガン選挙管理委員会が7月、ガニ氏が過半数を得てアブドラ氏を上回ったとする暫定結果を発表し、アブドラ氏は組織的な不正があったと主張。ケリー氏の仲裁で両候補は約800万票全てを国際社会の監視下で再調査することで合意したが、作業は度々中断している。

米高官によると、米政府は9月4日から英国で開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議までに新大統領が就任するよう求める方針。カブールの米大使館によると、再調査する約2万3千の投票箱のうち、調査を終えたのは今月6日時点で約4300箱にとどまっている。

ケリー氏は今回の滞在中、カルザイ大統領とも会談するとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]