GE、欧州3Dプリンター2社を買収 1440億円で

2016/9/6 23:31
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=稲井創一】米ゼネラル・エレクトリック(GE)は6日、欧州の3Dプリンターメーカー2社を14億ドル(約1440億円)で買収すると発表した。製造業回帰を掲げるGEは3Dプリンターを部品製造の中核装置に位置づけており、今回の買収で部品の加工精度や生産スピードを飛躍的に高めたい考えだ。

買収するのはスウェーデンのアーカム社と独SLMソリューションズ・グループの2社。いずれも金属の3D加工技術で高い技術力を保有している。GE社内では3Dプリンターの活用で航空機エンジン部品やガスタービン分野が先行しているが、今回の買収で幅広い事業で同技術を活用できる体制を整えたい考え。

GEは2010年から既に3Dプリンター関連に約15億ドル投資。航空機エンジン分野ではこれまで20部品が必要だったノズルを1つの部品で製造することに成功している。生産にかかる時間や部品の素材量を大幅に削減できることで、今後10年間で3Dプリンター活用によるコスト削減効果を3000億~5000億円相当と見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]